人生を変える英文読会

World News Café

日本社会の閉塞感

探しても答えが

見つからないのは

日本語で探しているから

かもしれません。


英文読解力は

世界への扉を開く

パスポート。 

World News Caféは、世界に視野を広げるための英文読解力を養うオンライン・コミュニティ。日本社会に閉塞感を感じ、自由な外国に憧れたことはありませんか?広く世界を見渡せば、実は悩みに対する的確な答えや解決法がすでに存在することが多々あります。

ご存知ですか?

世界と日本の圧倒的な情報格差

 とはいえ自分にその情報が入らないのは、それが日本語に翻訳されていないから。日本と世界ではジャーナリズムの世界ですら圧倒的な情報格差があります。世界でトップニュースになる報道の多くも、日本の大手のメディアではごくわずかにしか報道されません。時事問題ですら大きな差があるのなら、自分の興味ある分野で数十年の開きがあるのは当然のこと。欲しい情報がいつか翻訳されるのを待つよりも、世界の叡智にダイレクトに触れてみませんか?

自分らしく生きるために。


 素晴らしい知に触れることは、狭い世界から視野を広げ、自分らしく生きる道につながります。視野が広がると考え方や行動にも変化が起き、自分の選択や生き方により自信が持てるようになります。

World News Caféが選ばれる3つの理由

世界に対する知識が身に付く

日本人が英文記事を読めない最大の理由は、ネイティブにとって当然とされている背景を知らないから。World News Caféでは、わかりやすい背景の解説を重視。読解終了後には、誰かに語れるくらい理解できることを目指しています。

英文読解力アップ!

英文読解のコツはとってもシンプル。2ヶ月以上参加している方の95%が、以前より英文が読みやすくなったと実感しています。継続的に参加すると英文記事、長文を読むことへの抵抗がなくなります。一文一文しっかり理解できるよう、丁寧でわかりやすい解説を心がけています。

社会について語り合える

World News Caféは読解後の感想や意見交換の時間を大切にしています。主催者はカフェ文化とサードプレイスの研究家。パリのカフェのように語り合える場を目指して開催しています。オフ会も開催し、世界や社会についてごく普通に語り合える仲間に出会えるのも大きな魅力。

World News Caféなら

世界のニュースが

クリアにわかる!

全国各地から毎月約80名が参加しています。

最後まできちんと読める

内容の濃い英文記事は長文になることが多く、一人では挫折しがち。World News Caféでは参加者全員で一文ずつ訳していくため、スポーツに参加しているようなドキドキ感を味わいながら最後まで読解します。皆で読み終えた!という達成感がクセになるという声多数。

素晴らしい記事のセレクト

読解記事は主催者が毎日英字新聞や英語の本を読む中で、これだけは読んだほうがいい!と特に心に残ったものだけをセレクト。英文記事や本を読みたくても、何から読めば?という方にピッタリ。継続的に参加すると世界のニュースの重要事項がしっかり理解できるはず。

解説がわかりやすい

読解中は主催者が日本語でわかりやすく解説。英文読解のコツだけでなく、動画や写真なども使用した背景の解説に力を入れているため、読解後には、知人に語れるくらいクリアに理解できるように。一人で長文の記事を読んだ時の「わかったような、わからないような」というモヤモヤがスッキリ!

英語の長文読解へのの苦手意識がなくなり、TOEICやCNNのニュース英語の試験でも高得点がとれます!

参加者の声

「一人では挫折しがちな英語の長文記事を、ここなら最後までちゃんと理解できる」「日本の情報だけでは井の中の蛙なのだと気が付いた」「ここで初めて知った話題が、数ヶ月経ってから日本のメディアで流れることを何度も経験」「皆で読むから最後まで頑張ろうと思える」「世界で起こっていることをダイレクトに知れて楽しい」「参加してからTOEICの点数が100点上がった」他多数 

毎週土日 午前9時半から

オンラインで開催中

初回参加は1000円。2回目は1500円でご参加いただけます。英語が苦手な方も歓迎です。英語を一切使わないオブザーバー参加も可能。土日のどちらかは17時半からの講座も開催。詳しい開催日程や読解テーマは毎週発行のメールニュースでお知らせしています。まずはお気軽にご登録下さい。

継続的に参加している方の声

世界に視野が広がりました!

世界に関心がもてる

もし中高生の頃に英語の授業がこんなだったら、すごい勉強してて英語の成績も抜群によく、もっと世界に関心を持っていたんじゃないか?と大人になって思います。ベールに包まれた日本のジャーナリズムはやっぱりあり、世界の新聞やレポとかなり差がある。なんで?を実感できるのでかなり面白いと思います。(山口県、Mさん)

英語で読むと視野が広がる

 世界が大きく激動している今、コロナでもよくわかりましたが、世界の情勢は日本にいても無視できない時代。英語で得られる情報に自分からリーチできることは自分自身の視野を大きく広げることに気づきました。社会の様々なモヤモヤに対して考えるきっかけになってきていることがとても嬉しいです。(神奈川県・Gさん)

知らなかった世界が見れる

一番魅力を感じているのは自身では知り得なかった世界を見せてもらえることです。始めは世界のニュースを英語で読み解いて英語力向上にもなり一石二鳥!と思い参加しましたが、回を重ねる毎にその会の内容が一つ一つ蓄積され、点と点が繋がっていく感覚を覚えます。

(大阪府・Hさん)

英文が読みやすくなった!

長文読解が楽になった

最近では、長文を読むことが苦にならなくなってきたのと、映画鑑賞などでリスニングが上達しているのを感じています。手紙やレポートなどの英文を書くことが今までとても億劫だったのですが、少し楽になってきたので、これも適切な英文を数多く読んできている成果かと、今後もっとうまくなれたらいいな、と期待してうれしく思っています。

(愛媛から参加のNさん (女性))


記事が深く理解できる

 英文法だけでなく、記事の裏側にある事情、文脈に沿った単語の意味をサポートしてもらえるので、表面的な英文の意味だけでなく、より深い記事の内容、記者の意見などに触れることができます。英語の勉強以上に、良質の情報を知り、視野を広げられる良い機会として楽しんでいます。選ばれる英文がタイムリーな記事で大変興味深く、日本語ではなかなか得られない記事なのもポイントです。(ミャンマーから参加のSさん(女性))

心理的ハードルが下がった

 私は世界の動向に関心があり、国連や国際機関が発出する一次情報を、できるだけ早く入手し、理解できたらいいなと常々思っていました。とはいえ、英語は長らく日常会話レベル止まり。たまに奮起して英文ニュースを読もうとしても、知らない単語や独特の言い回しの山に突き当たり、くじけることが常でした。この会は、そんな私にピッタリでした。回を重ねるうちに読みこなすコツが分かってきて、英文ニュースに対する心理的なハードルが、最近グッと下がりました。
(東京都から参加のSさん)

知的好奇心が刺激される

勉強したいことが増えた

自分の思っていることをまとめてアウトプットするのが苦手で、知識があやふやなことが恥ずかしくて黙ってきたことが多いのですが、参加する中で、私はアウトプットしたいんだ!ということに気づきました。アウトプットの勉強の場&練習の場のようになっています。もちろん、世界の情報への関心の持ち方も変わりましたし、情報を得る中で、英文記事を参考にすることも普通になってきています。時間が許すなら、勉強したいことがたくさん出てきています。(神奈川県・Tさん)

未来の自分の思考が作られる

英語を学ぼうとすると、いつの間にか英語の勉強自体が目的になってしまい、つまらなくなってしまうのですが、飯田さんの英文読解に参加すると、英語は単なるツールなのだなとしみじみ感じます。毎回感じますが、その回に参加しなければ、その作品や記事に触れることはなかったはずですし、そのテーマに興味を持ち、考える自分にも出会えなかったはずなので、不思議ですが面白いなーと思います。少し大袈裟ですが、未来の自分の思考が作られているような気もします。(東京都・Hさん)


人間力の向上につながる

この会に参加するようになり、英文読解だけでなく人間力の向上にも繋がっている気がします。飯田さんのお話、他職種の方々とお話しすること、英語だけではない価値がこの会にはあります。また、大人になってから頭がぼーっとするくらい集中するという機会は殆どなかったので、この感覚がとても新鮮で学びを感じる瞬間に喜びを覚えます。人前で自分の意見や思いを伝えるということもすごくいい機会となっております。(大阪府・Hさん)

参加者の声(神奈川県 五味さん)

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

参加者の声 (神奈川県 田野実さん)

「自分を主語にして意見が言えるように。英語をツールとして情報を得たい人におすすめ」

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

World News Caféはこんな方におすすめです。

英語のレベルは問いません!自分のことかな?と思った方はまずオブザーバーでお気軽にご参加ください。

・英語を通じて世界に視野を広げたい方
・英語の一次情報を自力で理解したい方
・日本社会の閉塞感から抜け出したい方
・もっと自分らしく生きたい方
・もっと広い世界について学びたい方
・国際社会の中でやっていきたい方
・世界で起きていることを理解したい方
・英文記事が一人では読めない方
・英語のニュースが一人では理解できない方
・学びたいという意識のある方
・知的好奇心が旺盛な方
・向上心のある方
・社会問題に興味のある方
・文化的、知的刺激に飢えている方
・投資に興味のある方
・社会について語り合いたい方
・TOEICの点数をあげたい方
・留学を目指している方
・かつて海外に住んでいた方


やる気さえあれば大丈夫!

World News Caféでは、英文記事や名著の原文読解を行いますが、解説は全てわかりやすい日本語で行います。オブザーバー参加の方は一言も英語を使わずに参加し、英文記事を理解することが可能です。世界のジャーナリズムの奥深さ、原文のエネルギーの濃さを知ったらきっと英語力を高めたいと思うはず。気になる方はまずオブザーバーとしてお気軽にご参加ください。基礎力が必要な方向けに基礎編も充実させつつあります。やる気さえあれば英語力は不問です。世界の叡智や最先端に触れたい、挑戦したいという方のご参加をお待ちしています。

Q&A

Q: 英語に自信がありませんが内容に興味があります。私でも参加できますか?


A:そんな方を対象に開催しております。はじめての参加は勇気がいるかと思いますが、ほとんどの方が「楽しかった!」とおっしゃいます。参加者も優しい方ばかりですので、
まずは英語を使用しないオブザーバーでお気軽にご参加ください。

Q: 英語があまり話せないのですが、大丈夫ですか?


A:この会は英文読解の会ですので、英語を話すことはありません。一文を音読していただいて、その大意を日本語に訳していただきます。音読時の発音は全く気にする必要がありません。

Q: 参加者の英語のレベルはどれくらいですか?


A:様々なレベルの方がご参加されていますが、TOEIC 700点以上くらいの語彙力があれば大丈夫かと思います。スラスラ訳せる方もいれば、つまずきやすい方など、人によって様々です。読解のレベルも難易度1から4まで、様々なものをご用意しています。大事なのは現在の英語レベルではなく、理解したい!という気持ちです。

Q: ニュース英語のボキャブラリーに自信がないのですが・・・


A:そんな方を対象に開催しているので安心してください。ニュース英語のボキャブラリーは独特で慣れが必要です。頻出の単語に関しては、毎回単語テストも行って、みなさんに今まさに使われている語彙をできるだけ覚えてもらうようにしています。参加すればするほどコツがつかめて読めるようになります。

Q: リスニング力向上にも役立ちますか?


A:非常に役立ちます。特に単語テストに出るものや、「これは大事」という単語は頻出単語なので、聞くたびに「あ、これやったな!」というものに出会います。背景も学べるため、理解が理解をよんで面白くなっていきます。

Q: 3時間参加しないといけないのでしょうか?


A:これまでの経験上、1つの記事を読み終えるのに約3時間かかります。そのうち1時間は自己紹介や感想、説明などで、読解自体は訳2時間です。休憩も2回あります。最後までご参加される方が面白く、達成感を感じられると思います。特に翻訳に参加するとあっという間だったと皆さんおっしゃいます。最後まで参加できない場合は、9時半から参加して、途中退出してください。

Q: 参加したいけれども都合が合いません。録画を見ることは可能ですか?

A :興味はあるけど都合が合わないという方のために、録画参加もご用意しております。その場合1回分の参加費が必要です。月曜ごろまでに、録画のダウンロード先と読解資料をお送り致します。録画参加をご希望の方はまずお問い合わせ下さい。

読解してきた主なテーマ

  • アメリカ大統領選
  • コロナ関係の記事
  • ワクチン開発
  • 米中関係
  • 中国の一帯一路
  • ワクチン外交
  • ワクチンパスポート
  • コロナ禍の飲食店の今後
  • コロナ禍でうまくいったビジネス
  • 環境問題・気候変動
  • クリーンエネルギーの未来
  • 世界の都市のこれから
  • 在宅ワークの未来
  • クーデター後のミャンマー
  • ワイン
  • アート
  • ルネッサンス
  • クマのパディントン
  • カーネギー『道は開ける』『人を動かす』
  • お金の教養を身につける
  • 日本文化

他多数。毎回違うテーマで150回開催。

オンライン開催なので

ご自宅から参加でき、

全国に仲間ができます!

読解風景を動画でご紹介。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

World News Café 主催者

カフェ文化研究家 

飯田美樹 

学生時代にパリ政治学院に留学し、世界中の学生が集まるパリ国際大学都市に住む。学校と寮の両方で世界のエリートの卵たちに出会って圧倒され、そこで自分が反論したくても反論できないのは、語学力だけでなく、知力と日本に対する知識が足りないからだと痛感。その後20年に渡り、その悔しさをもとに語学力・知力・日本文化の理解の3つの習得に努める。

 留学時代に出会ったパリのカフェに関する執筆活動を行いながら、フランス人向けのガイドやフランス語の長文読解の講師を約8年経験。フランス語習得のために一度完全に英語を捨てたがゆえに、英語には長年苦手意識を持っていたものの、まちづくりの文献を読むために急速に英語力を上げる必要性を痛感。通勤中に毎日BBCを聴き、ダン・ブラウンの小説を原書で読みながら英語力を鍛え、通訳ガイドの資格を取得。

英語、イタリア語を勉強し、フランス語を教えていく中で、語学習得の共通点に気づく。2019年にはG20農業大臣会合でイタリア大臣一向の接遇担当、即位の礼正殿の儀ではフランスのニコラ・サルコジ元大統領一向の接遇を担当。2020年3月のコロナ危機の中、世界が豹変していく中で日本語の情報だけに頼っていて本当に大丈夫なのかという危機感から、World News Caféを開催。参加者のみなさんに支えられながらこれまで160回以上開催。著書に『カフェから時代は創られる』。時代を変えたパリのカフェのような場になればと願って開催しています。主催者のホームページはこちら。


World News Caféの原点

留学中の辛い経験で感じた
日本社会に足りないもの

母になっても夢を諦めず
自分らしく生きられる?

主催者の想い(動画)

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

英文読解は意外と簡単!


4つのポイントを理解すれば

誰でも英文記事は読めます!

文章の構造理解

英文記事は、一文が三行の長さに到ることも。文の構造をしっかり把握できないと頭が混乱し、読み進めることができません。World News Caféでは一文一文の構造を丁寧に読み解き、解説いたします。

背景・文脈の理解

日本人の英文記事読解を一番妨げているのが背景の理解不足。多くの日本人が知らないことが書かれているため、文章の意味が想像できません。World News Caféでは背景を日本語でわかりやすく説明します。

ニュアンスをつかむ

英文記事では書き手の知性を示すために、簡単な単語を難しい言い回しにすることがよくあります。全ての単語を辞書でひくより、頭をフル回転させて意味を想像した方が身につきます。単語テストもあり、参加を重ねると頻出単語が身につきます。

面白い文章を読む

英文にも面白いものと面白くないものがありますが、初心者がそれを見分けるのは至難の技。World News Caféは主催者が「これだけは伝えたい」と思ったよりすぐり英文記事や著作を読解するのでどれも本当に面白い!

毎週末 午前9時半から

オンラインにて開催中

初回参加は500円。今すぐ参加できなくても、興味がある方はメールニュースを毎週配信しておりますので、ぜひご登録ください。

大学受験の長文読解対策に

World News Caféで毎回教えている読解のコツは、主催者が予備校の長文読解の教室で身につけ、かつフランス語の長文読解を大学受験生に教える中で身につけたもの。難関校の受験で非常に重要となる科目は英語であり、その中でも配点が大きく、差が開くのが長文読解です。

長文読解をスムーズにするには、読解のコツをつかむだけでなく、時事問題等の背景理解が非常に重要です。World News Caféでは、両方に力を入れているため、長文読解の力を伸ばしたい受験生にもおすすめです。力をつけながら、世界へと視野を広げ、国際社会を目指してみませんか。

World News Caféとは



  World News Caféは2020年3月のコロナ危機において、世界が豹変していく真っ只中、日本の情報だけに頼っていて本当によいのだろうかという危機感から始まりました。もはやカフェで集まることもできない状態でしたが、まさに未曾有の危機の真っ只中だからこそ、世界の情報にダイレクトに触れるべきだという想いから、オンラインでの読解に踏み切り、これまで120回ほど続けてきました。

 その間読んできたのは、コロナに関する記事にとどまらず、アフターコロナの世界はどうなるか、在宅勤務の未来、Black Lives Matterムーブメントやその背景、アフリカンプリントとファッション、分断するアメリカ社会や2020年のアメリカ大統領選についてもじっくりと読解を進めながら考え、参加者全員で多くの知識や、読解を通して学んだ問題意識を共有してきました。また、時事問題だけでなく、フランスやイタリアのアート、イスラム教関連の記事、都市の未来、食料問題にワイン、ラグジュアリー・ホテルの未来やお茶の社会史、カーネギーの名著の読解なども行っています。

 様々な記事の読解を続けていくと、理解が理解をよび、以前の読解がまた次の読解記事や今後起こっていく出来事の伏線としてつながっていくのが実感としてわかってきます。また、英語力だけでなく、確実に世界に対する知識やものの見方が養われ、社会の問題や出来事について自分の言葉で語れるようになってきます。面白い記事を読んでいれば、自然と英文読解力は向上し、多くの方が「読解がスムーズになった」「英文記事に対する苦手意識がなくなった」とおっしゃいます。実際に皆さんの読解力があがっているため、4月当初は3ページくらいだった読解も6〜7ページ程度まで倍増し、最近では同じ時間内で終了しています。記事の背景理解を助けるために、日本語でわかりやすく記事の解説の説明も行い、関連する動画(英語)なども使用するため、各読解終了後には、友達に読解内容についてきちんと説明できる程度になります。ネイティブではなく精読せざるを得ないからこそ、英文にしっかりと向き合った時間に比例して知識と英語力が身につきます。


 世界で今どんなことが起こっているのか、世界のニュースや知にダイレクトに触れて理解でき、英語の読解力も向上したら一石二鳥だと思いませんか。それだけでなく、World News Caféでは、世界や社会に興味のある人たちとつながり、自分の意見を語り合うことができます。ほぼ毎週末開催しているため、参加頻度の高い方はどんどん友達感覚になってきます。東京でのオフ会や関西でのオフ会、ズームオフ会なども頻繁に開催しているため、サードプレイス的なコミュニティとしても機能しつつあります。100回記念オフ会の開催無事開催することができました。世界や社会についてもっと知りたいという気持ちがあり、自分の英語力を伸ばして世界の知に触れ、もっと自分らしく生きたいと願っている方にWorld News Caféはおすすめです。

私たちは最大限のアウトプットを追求します。ご要望に合わせて私たちが寄与できる付加価値を常に提供します。